■タグ「イコライザー」

■1次ローパスフィルター(Pure Data パッチ)

Pure Data(Pd)で使える各ローパスフィルター(LPF)の特性を示します。カットオフ周波数(fc)は5000Hz、サンプリング周波数(fs)は44100Hzです。
03p_198_1lpfs.png

fcが高い場合にアナログ1次LPFに近く使いやすそうなオブジェクトがないので、[rpole~]や[biquad~]を使ってみることにします。私には詳しく説明できる程の知識がないので、とりあえず計算式だけを紹介します。



<[rpole~]用>
こちらのサイトの式が一番精度が高いようです。aとbを逆にしています。
03p_198_2lpfc1.png
[rpole~]の右インレットに上記a1の値を入れます。そのままでは音量が上がるので、出力に b0=1-a1 をかけるとよいようです。

<[biquad~]用>
このアプリケーションノート(pdf)の式を使いました。
03p_198_3lpfc2.png
[biquad~]へ[-a1 0 b0 b1 0]の形で送ります。



[rpole~][biquad~]と同じ意味となる[fexpr~]も加えてパッチを作りました。適宜出力を繋ぎ替えて下さい。
03p_198_4lpf.png
このパッチをダウンロード

下図はfc=1000とfc=5000、fs=44100での特性です。高域部分が[rpole~]では上がり気味に、[biquad~]では下がり気味になるようです。
03p_198_4lpfsf.png

面倒な数式ですが結構苦労したので、いつの日かこのLPFを使うときが来ればいいなぁと思います。

---以下2017年9月23日追記---

[lop~]の手軽さは捨てがたいので、変換表を作りました。上段のカットオフ周波数に設定したいときは、下段の値を[lop~]に入れればOKです。※fs=44100での値です。
 fc(Hz) 10001500200025003000400050006000800010000
 [lop~] 931134617302085241229903477388745204964


■各種フィルター/パラメトリックイコライザ(Pure Data パッチ)

Pure Data(Pd)で簡単に使えるフィルターとしては[hip~][lop~][bp~]があります。それぞれの特性を下図に示します。

03p_197_1hpf.png<[hip~] ハイパスフィルター(HPF)>
カットオフ周波数を高くした場合は微妙に効きが鋭くなっているようです。ただ高いカットオフ周波数に設定することはあまりなさそうなので、実用上問題ないと思います。
03p_197_2lpf.png<[lop~] ローパスフィルター(LPF)>
カットオフ周波数を高くすると効きが悪くなり、7020Hz以上に設定するとフィルターが無効となってしまいます(44100サンプリング時)。→こちらのメールアーカイブに詳細が載っています。
代替手段としては、後述の[biquad~][rpole~]等のフィルターを用いるしかないと思われます。
03p_197_3bpf.png<[bp~] バンドパスフィルター(BPF)>
変な特性に見えますが、縦軸をdB、横軸(周波数)を対数表示にするとこのような形なります。ワウ等の中心周波数を揺らすエフェクトの場合は、[vcf~]を使います。

<その他のフィルターオブジェクト>
[biquad~][rpole~][cpole~]等のフィルターがありますが、数値の計算が複雑なため、外部ライブラリ「ggee」に頼ることにします。[biquad~]用係数計算オブジェクト8種類([bandpass][equalizer][highpass][highshelf][hlshelf][lowpass][lowshelf][notch])が使用可能になります。

例として[equalizer]を利用したパラメトリックイコライザを作りました。[equalizer]のヘルプファイルとほぼ同じですが、Q値を帯域幅(1オクターブ=100)に変換する式を入れています。
03p_197_4peq.pngこのパッチをダウンロード

■PLAYTECH 7BAND EQUALIZER改造

グラフィックイコライザはスライド抵抗用のケース穴加工が難しく、なかなか自作は面倒かと思います。そこで市販の格安エフェクターPLAYTECH 7BAND EQUALIZERを買って改造してみました。
14_121_1PTGE7.jpg
ケースは折り曲げ式の金属製で結構丈夫なようですが、アースにきちんとつながってなさそうだったので内側の塗装を一部剥ぎました。また、ゴム製の枠を加工して分解するとき枠を取り外さないでいいようにしています。

改造前の中身は下写真です。基板を取り外すには片方のジャックの半田を除去する必要があります。
14_121_2PTGE7g.jpg
中身がかなり汚れていてだいぶ年月が経っていそうです。とりあえず電解コンデンサは全部交換しました。

回路図をとってみました。結局作った方が早かったかもしれません…
PLAYTECH 7BAND EQUALIZER SCHEMATIC 画像クリックで拡大
14_121_3PTGE7sch.png

予想通りBOSS GE-7とほとんど同じです。少し周波数がズレていますが、まぁ問題ない程度でしょう。周波数の計算はDGB Studio等のサイトでできますので、好みの周波数に変えるのもよいと思います。

改造した点ですが、R14、R23、R26を82kに変更してBOSS GE-7の値に合わせました。また、ベース用に使うためC1、C23を470nにして気持ち低音が減りにくくしました。一応トゥルーバイパス化も行いました。改造前の状態でほとんど使っていないため良くなったかどうかはわかりません(笑)

他の格安エフェクターもメーカーが回路図を公開してくれるとうれしいですね。モディファイ目的で買う人が増えそうだし、回路が有名メーカーと同じだとわかると安心して買えるというのもありそうだと思います。

■ひよこのページ Tone Box改

02_74_1tonebP.jpg
なんとなくミッドブースターが欲しいななんて思っていたんですが、どうせならトレブルブースターも…なんて考えてるうちにたどり着いたのがひよこのページのトーンボックスです。このエフェクターは音色の変更(シングルコイルをハムバッカー風に等)もできるので、音量調節も欲しいと思いゲインポットも加えてみました。

▽回路図
02_74_2tonebSch.gif
ゲインは真ん中で原音と同じ音量になります。BASS、MID、TREBLEで調節する周波数は元のままで変えていません。

▽レイアウト
02_74_3tonebL.png
▽PCB(横55.9mm縦40.6mm)
02_74_4tonebLP.gif
配線をしやすいようにしてみました。フルレンジブースターとして使うこともできます。いろんな使い方ができてとても便利です。

塗装の途中で塗料が切れてしまって極薄塗装になってしまいました。すでにGAINの横が剥がれてきてます。やっぱりちょっと値段が上がっても塗装済みのケースがいいですね。

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター