■タグ「エレキギター」

■NJM2073ギターアンプ

07_192_1NJM2073Sp.jpg
ミニギターアンプとしてはLM386を使用したスモーキーアンプが有名です。私も自作したものを使っていたのですが、大きい音を出そうとするとどうしても歪んでしまいます。そこで、ある程度大きいクリーン音が出るミニアンプを自作することにしました。一応ミニサイズということで、卓上に置けて9V電池駆動可能なものにします。

まず電力効率がよいD級アンプを考え、PAM8408というICを試しました。しかしギターを繋いでみると、過大入力時にミュートがかかるらしく音が途切れ途切れになりうまくいきませんでした。他にもいろいろとD級アンプICはありますが、新たに購入するのが面倒だったので、昔何かのついでに買っていたNJM2073Sを使うことにしました。

NJM2073は、LM386と同程度のゲイン・出力の回路が2つ入っているパワーアンプICです。TDA2822という互換品もあります。BTL動作だと9V、8Ω負荷で3W以上出力がありそうです。スピーカーは出力に余裕があるものがよいだろうと思い、秋月電子の8Ω10Wのものにしました。

▽回路図
07_192_2NJM2073Ss.gif
簡単なオーバードライブ回路を前段に入れてスイッチで切り替えるようにしています(※トーンを上げすぎると発振するかもしれません)。プリアンプ部分は単なるフェンダー型トーン回路です。NJM2073の電圧利得が高い(+44dB)ため、ゲインはあまり上げなくても大丈夫だと思います。

パワーアンプは今後変更するかもしれないので別基板にしました。通常、出力には発振防止のための抵抗とコンデンサ(Zobelフィルタというらしい)を入れます。データシートでは抵抗が1Ωですが、歪みやすい気がしたので10Ωにしました。コンデンサはありあわせの100nFですが問題ないようです。NJM2073「S」(SIP9ピンパッケージ)は生産中止品で、「D」(DIP8ピン)とピン番号が違うので間違えやすいです。

▽レイアウト
07_192_3NJM2073Sl.png
▽PCB
07_192_4NJM2073Slp.png

ケースはタカチMB-3(90×60×125mm)です。スピーカー部分の穴あけ精度はイマイチですが、円状なのでそれほどズレが気になりません。意外と内部スペースがあるので、スピーカーの配置は真ん中でもよかった気がします。

どのくらいの音量かマイク録音して調べてみました。クリーン音のまま出せる音量は、ドレッドノートサイズのアコギをストロークしたときと大体同じくらいでした。歪むくらい音量を上げていくと、ケース自体が振動してジワジワ移動し始めます。大きい音を出すには、やはり頑丈なケースが必要となるようです。まぁそれなりの音量でクリーン音が出すという目的は達成できました。今後テスト用アンプとして使っていく見込みです。

■amPlug Twin 改造

08_151_1ap01.jpg
エレキギターを弾くときは主にamPlug Twinを使っていますが、ポットがダイヤルで数字が小さくわかりにくいため、見た目を改造しました。ダイヤルにシールを貼り、本体に穴を開けて見やすくしただけです。まぁそんなに厳密に値を設定するわけではありませんが、なんとなく安心です。補強のため表面にプラスチック板を貼り付けています。

シールを貼る前の内部写真です。
08_151_2ap02.jpg
表面実装のチップ部品なので回路をいじるのは無理そうです。ICは下記のようなものが使われています。
NJU7082:パワーアンプ
NJM2115:汎用オペアンプ
PT2399:デジタルディレイ・エコー(コーラスエフェクト用)
NJM062:低消費電力オペアンプ(コーラスエフェクトのLFO用)
10ピンのICもあったのですが素性がわかりませんでした。

ついでに周波数特性も調べました。
08_151_3apf.gif
単なるドンシャリではなく中域が少し盛り上がっています。ギター用ヘッドフォンアンプを作るとき参考になりそうです。

■Fender Champ Amp AA764改~木工編~

07_136_2Champf.jpg
以前作ったChampですが、真空管がむき出しのままだったので、木でキャビネット的なものを作りました。まぁ切ってボンドとネジで組み立てただけで、取り立てて説明するようなことはありません。塗装は水性ニスだけで済ませました。
適当に安いパイン材を近所のホームセンターで買ったのですが、結構反っていて苦労しました。合板や集成材の方が反りにくくて使いやすいかもしれません。

07_136_2Champn.jpg
真空管アンプだとどうしても図体が大きくなってしまいます。

■カスタムオーダーテレキャスター

15_132_1tele.jpg
なんとなくありがちな所有ギターの紹介です。

Musikraftにネックとボディをカスタムオーダーしたテレキャスターです。ブリッジやネックをそのまま組み込むとセンターずれを起こしてしまいましたので、少しネックポケットを削りました。

ぱっと見はシンラインのようですがソリッドボディで、シンライン用のキャビティザグリが入っています。色はシースルーの紺色です。ピックガードは自分で製作しました。コントロールはピックアップセレクター(ロータリースイッチを使用)と1ボリュームです。なかなか自分なりに満足いく仕上がりになったんじゃないかと思います。

■タグ : エレキギター

■エレキギター用ブリッジをアコースティックギターへ取り付ける

タイトルの通り、エレキ用ブリッジをアコギに取り付けてみようという企画です。
フロイドローズっぽいのがアコギにつけてある動画を見た覚えがありますが、今回は普通の固定ブリッジです。

はじめに下の写真のようなテレキャスターシンライン用ブリッジをつけてみようと試みました。
15_101_1bri1.jpg
アコギのブリッジはノミやヤスリを駆使して平面に削りました。弦は裏通しにします。
…しかしながらそれだと弦高が高すぎで失敗でした。もっと計算してから取り付ければよかったです。

次にブリッジの厚みの分だけ弦高を下げられるようにパーツを自作しました(下写真右)。材料はホームセンターで売っているアルミのアングル材です。さらに木ネジでは保持力に不安があるので、ブリッジの裏側にアルミの板をつけてネジとナットで取り付けるようにしました(下写真左)。弦のボールエンドもアルミ板で押さえるようになります。
15_101_2bri0.jpg

アコギのブリッジ自体もさらに削り込み、何とか下写真のように収まりました。ブリッジサドル自体を削ることも考えていたのでストリングセイバーという樹脂製サドルを使いましたが、削らずに済みました。アコギのブリッジ木部の中央が薄くなっているように見えますが、トップ板が膨らんでいるので平面に削るとこうなってしまいます。
15_101_3bri2.jpg
写真では見えませんが、サドルの弦高調整用ネジが木に食い込んで傷がついています。アコギの木製ブリッジ部分を完全に剥がしてシンライン用ブリッジを使った方がいいかもしれません。

良い点はなんといっても弦高調整やオクターブ調整が簡単に行えることです。悪い点は、音が変わってしまう、弦裏通しなので弦の交換がしにくい(手探りで裏の穴から弦を通す)、といったことです。

本来はトップ板の振動を抑えないようにしなければいけないので、今回のブリッジはかなり邪道だと思います。また、普通のアコギのブリッジはサドル全体がトップ板と接触していますが、今回はサドルの弦高調整ネジ部分だけしかトップ板と接触していませんので、弦振動の伝達性も悪くなっていると思います。ただ体感上はサスティーンが伸びたような気がしています(ストリングセイバーサドルのおかげかも)。

弦の交換についてはもう少し工夫すれば何とかなるかなぁという感じなので、また良い案を考えていきたいと思います。

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター