■タグ「ビブラート」

■Bumper crop studio HEY VIBE

02_39_1HeyVibeP.jpg
Bumper crop studioのHEY VIBEです。

▽回路図(入手できなくなったようなのでアップしておきます。2016年11月)
02_39_2HeyVibeSch.gif
※Easy Vibeの回路図を参考に、LEDの向きを訂正(2017年3月)

▽レイアウト
02_39_3HeyVibeL.png
▽PCB(横58.4mm縦48.3mm)
02_39_4HeyVibeLP.gif

強引にMXRサイズに詰め込んでみました。小さいLED/Cdsじゃないと無理そうです(LED/Cdsの製作記はこちら)。しかもスイッチがあるので裏蓋も削ってなんとかしました(下写真参照)。
02_39_5HeyVibeU.jpg

実は去年既に完成してたんですが、コーラスモードがいまひとつだったのでしばらく放置していました。変調感が強い気がします。まぁでもこんなもんだと思ってあきらめます。ビブラートモードはなんともいえないすごい音ですね。Bumper crop studioのサウンドサンプルの通りです。

ついに面倒になってラベルも貼ってないです。そのうちボリュームとレゾナンスをなくして組み込みなおすかもしれません。

(2016年11月9日回路図・PCB追加)

■フォトカプラ(LED+Cds)の製作・マッチング

14_22_1PH.jpg
Bumper crop studioのHEY VIBEを製作するには欠かせないLED+Cdsです。今回省スペース化を狙おうということで、普通とは違い縦型で作ってみました。

写真一番上がLEDとCdsです。LED+Cdsのフォトカプラは秋月電子の通販で1個200円みたいです。高輝度LEDとCdsバラバラに買うと1個45円になりました。たくさん作るならだいぶ得です。縦型にするためCdsは足を折り曲げています。

写真真ん中がとりあえず熱収縮チューブでつけてみたところです。私の場合この段階である程度値をそろえておきました。9V、1kΩの抵抗をLEDにつないでCdsが320Ωぐらいでした。

写真一番下がさらに熱収縮チューブをかぶせたものです。すると値がまた変わったりします。でも熱収縮チューブでくっつけてるだけなので、また分解して別の組み合わせで測定できます。光が結構漏れている(=外からの光が中に入っている)んですが、エフェクターの内部はほぼ真っ暗だろうからよしとしました。

意外と値がそろわなくて、分解してはまた別の組み合わせで…の繰り返しでした。なんとか4つマッチングしましたが、完全に光が漏れないようにして作った方が良かったのかもしれません。せっかくなので抵抗をいろいろ変えて値を測定し、グラフにしてみました。

14_22_2PH2.gif
見づらいんですがそれだけそろってるってことでしょう。結果どうなるかはHEY VIBEを作ってみないとわかりません。

参考ページ:Takeda's HomePage

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター