■2008年01月

■ARION SCH-Z STEREO CHORUS 改造

ARION SCH-Z STEREO CHORUSといえば激安のわりに良いということで評判です。しかしながら音量が上がるとか低音出すぎとかいう問題もあります。そこで改造を施してみることにしました。

回路図がネット上には無いみたいなので、採取してみることにしました。正直すごく大変でした。
Arion SCH-Z Stereo Chorus schematic(画像クリックで拡大)
14_37_1Arion_SCH_Z_sch.gif




改造していきます。

まず、ステレオは使わないので部品をとっぱらいました。オペアンプの使わない入力はアースに落としておきます。あとコンデンサをところどころ交換してみました。音質が上がったような気分になります。

トーン回路の周波数特性をシミュレーションしてみました。
14_37_2SCHZf.gif
青がトーンつまみ0、緑が5、赤が10です。ただしポットがBカーブでのシミュレーションです。実際にはAカーブなのでつまみが真ん中ぐらいだと低域が強調されてしまいます。これがブーミーだといわれる原因だと思います。Aカーブだとだいたい7ぐらいで特性がフラットになるみたいです。

どうもこの低域をブースト/カットするトーン回路は使えなさそうです。なので部品を取っ払って下図のようにしました。
14_37_3SCHZmod.gif
ポットはエフェクトレベルの調整になります。同時にR27は22kΩにしてます。ただしAカーブなので最後のほうで急に音量が上がります。まぁ音量を上げることはまずないと思うのでよしとします。

C30を大きくするとエグい感じになりますが、結局47pがベストみたいで変えていません。

LFOの回路はよく知らないんですが、C32を小さくすると揺れのスピードが上がります。ステレオ化をなくして余ったスイッチを加速スイッチにしました。

↓改造後中身写真(クリックで拡大)
14_37_4SCHZin.jpg
ベタですがLEDは青に変えてます。ジャンパーだらけですが、なかなか使いやすくなったんじゃないでしょうか。


もっと簡単な改造

トーンコントロールは右に回すほど低音カットになる、ということを頭に入れておけばそれほど使いにくくないかもしれません。それでも音量を小さくしたいなら、R27(ステレオアウト側はR33)を82kΩや100kΩにすれば改善できそうです。ただしコーラスのかかり方が薄くなります。

■妄想メモ

ディレイ用IC:PT2399でコーラスを作ってみる案。LFOつければできそう。ディレイタイムからしてフランジャーは無理か。
同じようなこと考えてる人いるもので、DIYstompboxesで調べると出てきた。

フランジャー作りたい。やっぱUltraFranger。MN3007は5msが限度っぽい。ディレイタイム1msぐらいでないと本格的でないのかな。

オートワウに使われてるブリッジドTとかいうフィルタ回路で普通のワウを作ってみる案。カーブが合わないかも。変わったものが出来そう。シミュレーションしてみたけど、普通のワウとはQが違うっぽい。

つまみを回すとLEDが順番に点灯していくブースター案。もしくはLEDの明るさが変わる(地味か?)。ビジュアル重視(笑)。

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター