■amPlug Twin 改造

08_151_1ap01.jpg
エレキギターを弾くときは主にamPlug Twinを使っていますが、ポットがダイヤルで数字が小さくわかりにくいため、見た目を改造しました。ダイヤルにシールを貼り、本体に穴を開けて見やすくしただけです。まぁそんなに厳密に値を設定するわけではありませんが、なんとなく安心です。補強のため表面にプラスチック板を貼り付けています。

シールを貼る前の内部写真です。
08_151_2ap02.jpg
表面実装のチップ部品なので回路をいじるのは無理そうです。ICは下記のようなものが使われています。
NJU7082:パワーアンプ
NJM2115:汎用オペアンプ
PT2399:デジタルディレイ・エコー(コーラスエフェクト用)
NJM062:低消費電力オペアンプ(コーラスエフェクトのLFO用)
10ピンのICもあったのですが素性がわかりませんでした。

ついでに周波数特性も調べました。
08_151_3apf.gif
単なるドンシャリではなく中域が少し盛り上がっています。ギター用ヘッドフォンアンプを作るとき参考になりそうです。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター