■RasPd2 ソフトウェア編

Pure Dataやオーディオを優先的に動かすため、下準備をしていきます(太字表記はコマンド)。
Raspberry Pi zeroの基本設定はこちら

通信に使うUSBケーブルは5V給電できないよう加工しています(外部から5V給電しているため)。さらに、うまく挿し込めるように角度を変えています。
03_188_1raspd2u.jpg



<CPU周波数スケーリング>
CPUのクロック周波数を常に1000MHzで動作するよう設定変更します。
$ sudo nano /boot/config.txt
#arm_freq=800 を arm_freq=1000 に変更
$ sudo apt-get install cpufrequtils(cpufrequtilsインストール)
$ sudo nano /etc/init.d/cpufrequtils
43行目あたり GOVERNOR="performance"



<不要なプログラムを停止>
RasPd1 ソフトウェア編その1と同じです。



<オーディオ設定>
WM8731のドライバを有効化します。
$ sudo nano /boot/config.txt
#dtparam=audio=on (コメントアウトしてオンボードのオーディオをオフに)
dtoverlay=rpi-proto (追加記載)

再起動後、オーディオ設定プログラムを起動します。
$ alsamixer
F5で全表示、スペースキー・↑↓キー・mキーで機能オン(OO)・オフ(MM)や機能切替です。設定は自動で保存されます。
Master 56 [dB gain: -9.00, -9.00]
Master Playback ZC [Off, Off]
Sidetone 0 [dB gain: -15.00]
Line CAPTURE
Mic [Off]
Mic Boost 0 [dB gain: 0.00]
Mic Boost 0 [dB gain: 0.00]
Playback Deemphasis [Off]
Capture 87 [dB gain: 9.00, 9.00]
ADC High Pass Filter オフ
Input Mux [Line In]
Output Mixer HiFi オン
Output Mixer Line Bypass [Off]
Output Mixer Mic Sidetone [Off]
Store DC Offset [Off]



<Pure Data(Pd)設定>
RasPd1 ソフトウェア編その2と同じですが、さらに低レイテンシー設定が可能です。また、44.1kHzには対応していませんので注意が必要です。Pd設定ファイルの下記該当箇所を変更しました。
$ nano .pdsettings
audiobuf: 5
rate: 48000



<自動起動設定>
RasPd1 ソフトウェア編その2と同じです。
今回のメインプログラム名は main2.py です。



<ADコンバータ MCP3008用設定>
$ sudo nano /boot/config.txt
dtparam=spi=on (#を外してSPI通信をオンに)
$ sudo apt-get install python-spidev(SPI通信に必要なPythonライブラリをインストール)



ハードウェア編へ  プログラミング編

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター