■Epiphone Les Paul Custom 改造歴

15_25_1epiLP0.jpg
2005年4月頃に買ったエレキギターEpiphone Les Paul Customです。上の写真が購入当時です。ピックガードは穴をあけてそれをつないで、みたいな模様にしてます。

15_25_2epiLP1.jpg
2005年5月の写真です。ピックアップのカバーを外しています。カバー内までロウ漬けになっていて外すのに苦労しました。その過程でフロントピックアップが断線したみたいで、フロントはダミー状態になっています。セレクターの穴もそのままでみっともないです。スイッチはボリュームをバイパスするスイッチだったと思います。

15_25_3epiLP2.jpg
2005年8月の写真です。のっぺらぼうギター(笑)。フロントの穴とかを強引に埋めてトップのみ再塗装してます。塗装をはがすのがすごく厄介でした。あんまり磨いてないので良く見ると穴がうっすらわかります。表面もテカテカではないです。素人の限界かもしれません(めんどくさがりなだけか)。ピックアップカバーをまたつけていますが、ちゃんと固定しないとハウリングの原因になります。スポンジを詰めるとかしないとダメですね。

15_25_4epiLP3.jpg
2005年12月の写真です。リアがDuncan SH-4になっています。フロントにリア用をつけるという暴挙(?)もやってますが、別に問題はなかったです。ボリュームとトーンは復活させないままで1VOL(タップスイッチ付)・1TONEです。

15_25_5epiLP4.jpg
2006年1月の写真です。ペグとブリッジ、テイルピースがゴトー製のものになってます。金かかってるなぁ。トグルスイッチも銀色で統一して、クールな感じです。ピックガード・ロッドカバーはアルミテープを貼ってるだけです。

15_26_1epiLP5.jpg
現在の写真です。汚れ(というか色焼け?)がいい感じです。やっぱフロントは使わないってことでまたダミーに。セレクターのところにあるのはボルトです。トーンもとっぱらってタップスイッチをつけてます。セレクターにいく配線がなくなってスッキリしました。音はそんなに変わった気はしないんですが…。写真では見えてませんが、弦を裏通しにしてます。サスティンが上がりました。テイルピースもなくしたかったんですが技術力不足です。

ピックアップはハムバッカーサイズのP-90タイプにしようかと企んでます。あと塗装ももう一度やり直したいです。ヘッドもギブソンヘッドにしてみたりとか…計画だけはあるんですけど、お金と時間の問題です。

■タグ : エレキギター

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター