■MXRサイズに関するメモ

私は大抵GarrettaudioのsizeA(61×112×31)のケースを使ってるのでそれに関するメモ。一応『MXR"Phase 90"などと同等サイズ(Hammond 1590B 近似サイズ)』らしいけど、若干誤差などはありえる。ネジがバカになりやすい気がする。すべてのネジに言えるけど、ネジはいったん左に回し、ストンと落ちる感覚があってから右に回す。

※以下ケースを縦に使う場合



基板の大きさに関して
ユニバーサル基板の場合、横22穴×縦20穴まで可能(縦はがんばればもうちょいいけるかも)。ただしフォンジャックはマル信無線の小さいやつ、DCジャックも内側から取り付けの小さいものを使って、ギリギリのジャック位置にする必要がある(下図参照)。適用例:HAT(Modified BOSS AC-2)
20_41_1knob.gif
(JWCADというフリーソフトで作成)

横を22穴にする場合、基板の穴と穴の間でカットする必要がある。または穴に沿って切った後削る必要がある。下写真参照。
20_41_3kibcut2.jpg
※端がケースに触れるおそれがあるため、レイアウトの端がアースでないときはやらないほうがよい。逆に横22穴でレイアウトを作る場合は端っこはアースにすべき。

縦は16穴ぐらいだとSwitchcraftのフォンジャックでも余裕がある。ネジ穴があるため角を切る必要があるが、ギリギリに切った方が多少余裕が出る。下写真参照。
20_41_2kibcut1.jpg
※やはり端がケースに接触するおそれがある。



ケースの厚み(高さ)に関して
ポット厚みデータ
16mm/シングル(Garrettaudio):9.3mm
9.5mm/シングル(Garrettaudio):6.8mm
16mm(東京コスモス製?):8mm

[Garrettaudio 16mm/シングルのポットを用いる場合]
あまり大きな電解コンデンサだとフタがしまらない。一般的電解コンデンサ(高さ11ミリ程度)は大丈夫。また、レイアウト上の端に電解コンデンサがあると、裏フタのでっぱりにあたってフタがしまりにくくなることがある。特に横22穴のレイアウトでは端に電解コンデンサを配置しない方がよい。はんだ面を裏フタ側にするならば大丈夫かもしれない(未確認)。

[ミニスイッチをつける場合]
ミニスイッチ(普通のミニトグルスイッチ)をつける位置に電解コンデンサがあるとフタがしまらない。ICソケット+ICの高さぐらいだと裏フタの出っ張りを削れば(下写真参照)なんとか入る。でもおとなしくフットスイッチの横につけるかsizeAAにした方が無難。横21穴のレイアウトならいけるかもしれない(未確認)。Ginga Dropsの超小型トグルスイッチなら大丈夫かもしれない(未確認)。
20_41_4SADu.jpg

■コメント

■ [たちばな]

わぁ~。わかりやすくて、ありがたいです。
ケースの加工はきっちりやるのが難しいですね。
僕はいつも電池がきつくなってしまうんですよ。

■ [drugscore]

私も電池がきつくなったことありますね~
それからはフットスイッチを気持ち上に穴を開けるようにしてます。

■ [flow]

こんにちは。はじめまして。
自分は場合はフットスイッチと基板の間に電池を入れています。(入出力ジャックが一番手前になる)
電池に裏蓋が当たるので。
スペース的な効率はあまり変わらないのかな。

■ [drugscore]

どうもはじめまして。コメントありがとうございます。

確かに裏フタのでっぱりが電池にあたるのが困る場合があります…
入出力ジャックが一番下ってのは効率は一番良よさそうですね。本当にスペースに困ったらやってみるかもしれません。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター