■キンピ化

以前炭素皮膜抵抗を100本100円で買っていたんですが、ついに10kΩが残り少なくなってきました。買ったときはこんなの使い切れないと思ったものです。

そこで抵抗を金属皮膜抵抗に一新してみました。共立エレショップで100本200円です。せっかくなのでいろいろな値を買ったけどあまり必要なかった気がします。
オレンジと赤と茶色の見分けがつきにくい…

---2009年2月9日追記---
色で見分けがつかないのでテスターで抵抗値を測定しながら使ってます(まぁ一応以前からやっていました)。
安物なので誤差1%に収まってるのかなと思ったら意外と大丈夫です。
台湾製侮るべからず。

■コメント

■ []

ここから失礼します。
ポイントトゥポイントについて教えてください。
ポイントトゥポイントとはすべてコンデンサの足であったり抵抗の足で配線するのでしょうか?
初心者なものでこんな質問してしまってすみません。
無知な素人と思って質問に答えてやってください。

■ [drugscore]

そうですね。
「私のエフェクター自作方法」のカテゴリを参考にしてみてください。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター