■ギター関係

■カスタムオーダーテレキャスター

15_132_1tele.jpg
なんとなくありがちな所有ギターの紹介です。

Musikraftにネックとボディをカスタムオーダーしたテレキャスターです。ブリッジやネックをそのまま組み込むとセンターずれを起こしてしまいましたので、少しネックポケットを削りました。

ぱっと見はシンラインのようですがソリッドボディで、シンライン用のキャビティザグリが入っています。色はシースルーの紺色です。ピックガードは自分で製作しました。コントロールはピックアップセレクター(ロータリースイッチを使用)と1ボリュームです。なかなか自分なりに満足いく仕上がりになったんじゃないかと思います。

■タグ : エレキギター

■静音ギターの製作その2

以前作った静音ギターですが、チューナー部分を自作するため、ボディ全体を作りなおしました。
15_123_1silent5.jpg 15_123_2silent6.jpg
だいぶボディが大きくなってしまいました。今回はボルトオンジョイントです。

15_123_3silent7.jpg 15_123_4silent8.jpg
チューナー部分はこんな感じです。M4ネジ、蝶ナット、高ナット、アルミ材を使っています。
参考サイト:Salty guitars(テイルエンドチューナーの詳細はこちら

最初はローレットナットを使用してブリッジからチューナー部分までを直線にしようとしたのですが、アコギの場合は張力が強すぎてローレットナットを指で回すのは無理でした。蝶ナットであれば普通のペグのように問題なく回せるので、角度をつけてナットの間隔を22mmにしています。テフロンワッシャーをかませると摩擦が少しは軽減されるかもしれません。使用感は問題ないのですが、もう少し小型化できたらよいかな思います。

■タグ : 静音ギター

■プレシジョンベース用ピックアップをアコースティックギターへ取り付ける

プレシジョンベース用のピックアップのポールピースの間隔は9.5mmぐらいなので、ギターにも取り付けできるかもしれないと思いやってみました。下写真のように、アルミ板にピックアップと木片を取り付け、アコースティックギターのサウンドホール部分に取り付けられるようにしました。
15_122_1PBAC.jpg
それで音はというと、残念ながら全然アコギっぽい音にはなりませんでした。やはりちゃんとしたアコギ用ピックアップを買ってみようと思います。

■ピエゾピックアップの自作

静音ギターの製作(完成編)の記事で書いていた通り、ピエゾピックアップを取り付けてみました。まぁ自作という程のものではありません。

まずピエゾ素子を入手します。電子部品屋では圧電スピーカー、圧電素子といった名前で売ってあります。スピーカーというのは通常電気信号を振動に変える働きをするワケですが、逆に振動を電気信号に変換することもできるということです。

私の家の近くには電子パーツを取り扱う店がないので、100円ショップの「LEDライトブザー付」というのを買いました(下写真)。これに使ってあるスピーカーを取り外して利用します。たぶん防犯ブザーとかも圧電スピーカーが入っていると思います。
15_109_1pie0.jpg

そしてシールド線を取り付ければ簡単に完成です(下写真)。薄くて割れやすいので注意が必要です。真ん中部分と外側部分どちらにアース線をつけても構わないと思います(複数のピックアップをミックスする場合は位相の問題が発生するかもしれません)。今回はギターにネジ止めする予定ですのでジャックも取り付けています。
15_109_2pie1.jpg

ギターに取り付けるためのカバーとゴム板を準備しました(下写真)。カバーは100円ショップのコショウ入れを加工したものです。ピエゾ素子をゴムで抑えつけるように取り付けます。
15_109_3pie2.jpg

ギターに取り付けた様子が下写真です。
15_109_4pie3.jpg

出力はあまり大きくなくて、エレキギター用のマグネチックピックアップの半分もないくらいだと思います。両面テープでベタっと貼りつけた方がよいかもしれません。また、どうしてもピエゾピックアップは低音域が出ませんが、これはあきらめるしかないかなと思っています。

■静音ギターの製作(完成編)

先日製作した静音ギターですが、バランスが悪すぎて弾けたものではなかったため大幅に改造しました(下写真)。
15_107_1silent1.jpg
ペグをブリッジ側につけましたのでバランスの問題は解消されました。ついでにボディを更に細くしています。塗装は面倒なので水性ニスを塗っただけです。

ヘッド部分は下写真のようにアルミのプレートを取り付けています。弦の角度を緩くするためにローズウッドのツキ板を付け足しましたので、茶色の部分が厚くなっています。
15_107_2silent2.jpg

ウイングパーツは始めに肘と太ももが当たる部分は作っていたのですが、少し体の方へ傾いてしまう感じでした。太ももが当たるパーツに木を付け足して安定度が増しました(下写真)。
15_107_3silent3.jpg
さらに腹が当たる部分のパーツを作り、ようやく完全に安定した形になりました。各ウイングパーツの取り外しも可能になっています。かえって普通のエレキギター風のボディにした方が手間がかからなかった気がしますが…

ペグが付いている部分は変わった形状になっています(下写真)。弦の角度が各弦同じになり、強度があるものを考えてみました。概ね設計通りにはできたんですが、斜めに切る精度が必要なため製作は難しかったです。やはりクラシックギターのようなスロッテッドヘッドの方が簡単だと思います。
15_107_4silent4.jpg
ブリッジはアルミ材で自作しました。未だに精度よく穴あけする技術がなくて少しズレてしまいますが、気にならない程度です。

これで一応形は完成しました。まぁ見た目はショボいですが夜間練習用ということで適当です。音量は当たり前ですが小さいです。ピエゾピックアップでも取り付けてヘッドフォンアンプを使えるようにしようかなと思っています。

■タグ : 静音ギター

管理人

ブログ内検索

メールフォーム

当ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ※FAQ(よくある質問)もお読みください。

お名前
メールアドレス
件名
本文

アクセスカウンター